HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国文化体験
日韓文化交流
韓国文化体験
FACEBOOK
 
 
トピックス  
 
タイトル ソウル市・青年ベンチャーと手を組み…青年・庶民の住居安定に力を入れる 登録日 4/29/2016
照会 285
Files

青年住居貧困率が22.8%に迫っている中、青年・庶民等の住居脆弱階層の安定的な生活のためにソウル市が力を入れようとしている。

 

ソウル市はトゥケビセサンと26日に業務協約式を行い、民間賃貸住宅に対する情報を有期的に連携する官民協業体系を整えると、25日に明らかにした。業務協約式には、パク・ウォンスン社長とユ・ガンヨントゥケビセサン代表が参席し、市長室で行われる予定である。

 

トゥケビセサンはモバイル基盤の不動産広告サービス業者である。直接取引による善意の被疑者の発生を事前に防ぎ、住居脆弱階層に引っ越し費用の支援と公認仲介士の手数料の割引などのサービスを提供する青年ベンチャー企業である。

 

今回の業務協約によって、ソウル市とトゥケビセサンは賃貸借市場の情報・政策を共有し、賃借人の保護のための制度・政策を広報することに集中する計画である。青年住宅賃貸事業者と不動産広報業者の安定的な創業のためのアドバイスも支援する。

 

市は民間の情報力を活用し、青年の住居実態調査と住宅賃貸料調査を行う計画である。蓄積されたデータは青年と庶民の住居の安全のための新しい政策の基礎資料として活用する方案である。

 

トゥッケビセサンは「おたまじゃくしサポーターズ」プログラムを活用し、ソウル市と共同で青年住居実態調査・青年住居に対する政策を広報する。「おたまじゃくしサポーターズ」は大学生の活動団である。定期的に課題を与え結果と遂行方法を評価し、一ヶ月の家賃・報奨金の支給・インターンの機会等を提供する。

 

パク・ウォンスン市長は、「青年と庶民の住居貧困を解消し、安定的な住居を享有するためには、青年企業の斬新な考えと情報共有等の協力が必要である」と、「今回の業務協約締結が青年と庶民の住居安定に寄与し、青年企業の安定的な成長の基礎になることを期待する」と話した。

 

   
奈良リロケーション―