HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国文化体験
日韓文化交流
韓国文化体験
FACEBOOK
 
 
韓国関連情報  
 
タイトル キムチ漬けシーズン本格化、宅配業者も好況 登録日 11/30/2006
照会 1889
Files
キムチ漬けのシーズンが本格的に始まり、宅配業者が好況に沸いている。  宅配業界が30日に明らかにしたところによると、昨年の中国産キムチの衛生問題で加工キムチに対する不信感が広まったことに加え、ハクサイ価格が大幅に下がり、農村でキムチを大量に漬け都市部に住む子女や親戚に送る家庭が増えたことから、配達を行う宅配業者の取扱量が増えている。キムチの配達量は例年に比べ20~30%の増加を記録しているという。  現代宅配では、急増するキムチの宅配を円滑に配達するため、宅配担当者だけでなく事務職の従業員まで動員して配送に全力を挙げている。現代宅配のキムチ配送量は、個人向けの1日平均荷扱い量12万~15万箱の半分を超える6万5000~7万個に達している。同社関係者は、一般荷物に占めるキムチの割合は、先週の30~40%から今週は70%まで増えており、江原道地域では最高83%を記録したと話している。  他の宅配業者も同様で、韓進宅配でもキムチの配送が増えたことから増員体制で配送業務を処理している。CJ GLSは「全国的に農協が共働き世帯や独身者向けにインターネットを通じた注文生産を行うケースが増えており、キムチの宅配が大きく伸びている」と背景を説明する。  ただ、キムチの宅配では、発酵食品という特性上からも包装は厳重に行う必要がある。現代宅配関係者は「厚めの段ボール箱を利用し、キムチはビニールで二重三重に包装する。発酵によるガスの発生を考えビニールの容量は余裕のあるものが望ましい」と格別な注意を呼びかけている。
   
奈良リロケーション―