HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国旅行 コネスト
FACEBOOK
 
 
韓国関連情報  
 
タイトル 韓国での食事のマナー 登録日 2006-11-09
照会 3013
Files
韓国での食事のマナー 食事をするとき韓国ではお椀を手で持って口に近づけないなど、日本とはかなり異なるマナーがあるようです。食事のマナーとそのいわれなどをラッコさんに解説してもらいました。以下、ラッコさんの説明です。 韓国ではむかし真鍮の食器が使われていました。真鍮はさわると熱く重いので、食器を手で持ちあげて食べることはできませんでした。その名残りで食卓に置いたままいただくのが礼儀になっています。プラスチックの食器でも同じです。 食べるときはスプーンとはしの両方を使いますが、スプーンを使うことが多くご飯もスプーンで食べる人が多いですね。ご飯をおはしで食べても礼儀に反することにはなりませんが、おはしだとご飯を少ししかとれないし、おいしそうに食べているようには見えないのです。おはしで少しずつ食べていると年配の方から「米の数を数えてるのか」なんて叱られる場合もあります。また「福が逃げるぞ」と言われたりもします。ごはんをおいしそうにもぐもぐ食べると「福が多い」ことになります。 スープにごはんを入れて食べる人が目につきます。ちなみに韓国語ではスープは「飲む(마시다)」ではなく「食べる(먹다)」と言います。「食べる」を使うのはスープにご飯を入れて混ぜて食べる人が多いことと関係があるのかも知れません。食生活全般に混ぜて食べる習慣があります。ビビンパがそうで、かき氷も混ぜて食べます。カレーライスもスパゲッティもよ~く混ぜます。 そのほかマナーとしては、日本ではそばはツルツルと音を立てていただきますが、韓国では冷麺など麺類は音を立てないでいただきます。また、目上の人と一緒のときははしを先にとらないようにします。お酒の席で目上の人がいれば若者は横を向くようにして面と向かって飲まないのです。韓国の食事マナーは儒教の伝統でしょうが、同席した人に配慮するのは日本も同じでしょう。特別に神経質になることはありません。「韓国ではこうなんだ~」と発見するのも楽しいと思います。
   
raku-seoul 奈良リロケーション―