HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国旅行 コネスト
FACEBOOK
 
 
韓国関連情報  
 
タイトル オフィステル 登録日 2005-09-05
照会 2393
Files
オフィステル 韓国にはオフィステルというものがあります。 オフィスとホテルを合成したことばで、1985年、高麗開発という会社がソウル市麻浦区に最初のオフィステルを建設分譲してから市民権を得ました。 文字どおり昼間は事務所、夜はそにまま泊まって宿舎になるという性格で、全般的にこじんまりした部屋が多く外から見ると事務所風だけど、少し洒落た感じがする建物です。 時間と労力を使う通勤をする必要がないという便利さから、弁護士、会計士、芸術家といった人たちや、ベンチャー企業、コンサルティング会社などが分譲を受けたり、借りたりして入っています。 オフィステルは、建築法規では一般業務施設にあたり、まず業務に使う区画が50%以上あることと決められています。そして住宅として使いにくいようにバルコニーの設置や浴槽の設置を禁じています。シャワーは認められ台所はあります。 また日照権や隣との壁の基準などがアパートよりも不利に適用されているので、家族が住むには都合が悪く作られています。そして中をすべて住宅として使うと、無断用途変更として建築法違反で罰金に処せられます。 しかしオフィステルは住宅ではないので、持っていても1世帯で2つの住宅を持っている扱いにはならず、売るときに譲渡税がかからず、地方税も住宅として安い税はかけられます。 オフィステルは首都圏の駅近くなど交通の便利な所に建てられていますが、最近は豪華さを売り物にするものが目立っています。今、ソウル市麻浦区孔徳(コンドク)洞で募集されているオフィステルは地下8階、地上40階という高層ビルで、一番小さい部屋でも65坪、大きな部屋は103坪もあり、分譲価格は坪1510万ウォンだそうです。 なお、オフィステルに似たものとしてワンルームのアパートがあります。これは小さくても住宅で、単身者が生活できるよう台所や風呂もあり、エアコンや冷蔵庫、机などを備えている場合もあります。 もうひとつ「コシウォン」と呼ばれる小さな貸し部屋もあります。コシは「考試」、つまり司法試験などの国家試験のことで、これを受けるために一人でこもる勉強部屋をコシウォンと呼びます。ソウル大学周辺などには沢山のコシウォンと学院が建ち並んでいます。
   
raku-seoul 奈良リロケーション―