HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国旅行 コネスト
FACEBOOK
 
 
投資情報  
 
タイトル ソウルの外国人経営飲食店、10年間で11倍に増加 登録日 2010-08-25
照会 1698
Files

 

    ソウル市は20日、外国人が経営する飲食店は市内に1956店あり、2000年の182店から11倍に増加したと明らかにした。外国人が経営する飲食店は、江南区が272店で最も多く、次いで永登浦区が184店、中区が156店、麻浦区が145店、竜山区が128店、鍾路区が124店など。

 

    市は外国人経営者の便宜を図るため、食品衛生法を英語や別の言語でも作成、配布する計画だ。また、外国語のメニューや飲食店案内マップなどを作成し、11月に開催される20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)でソウルを訪れる外国人に配布する。

 

    ソウル市はこれまで、外国人観光客向けに韓国料理店150店に英語、中国語、日本語のメニューを配布するなどしている。

   
raku-seoul 奈良リロケーション―