HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国旅行 コネスト
FACEBOOK
 
 
投資情報  
 
タイトル 外国人所有地面積が小幅増、汝矣島の25.7倍に 登録日 2010-03-01
照会 2039
Files

 

 

  国土海洋部は2月25日、外国人が所有する土地の面積は昨年末現在2億1845万平方メートル、申告額ベースで30兆7516億ウォン(約2兆4020億円)と明らかにした。前年より3.9%(810万平方メートル)拡大した。増加率は前年の6.2%に比べ小幅に鈍化した。面積はソウル・汝矣島(850万平方メートル)の25.7倍、韓国国土(999億9000万平方メートル)の0.2%に当たる。

 

  昨年の外国人による新規土地取得は、1720万平方メートルだった。林野、農地、空き地などその他用地が79.9%を占め、住居用が8.2%、工場用が4.9%、レジャー用が4.5%と続く。主体別では、外国籍の僑胞が69.6%、外国人が17.1%、合弁法人が9.3%。

 

  一方、外国人が処分した土地は910万平方メートルで、その他用地が80.5%、工場用が15.4%、住居用が2.9%、商業用が1.2%の順。僑胞が74.3%と、最も多く土地を売却した。

 

  昨年末現在の外国人所有地を地域別に見ると、全羅南道が3792万平方メートルで最も広く、京畿道3785万平方メートル、慶尚北道2915万平方メートル、江原道2112万平方メートル、忠清南道1971万平方メートル、慶尚南道1264万平方メートル。所有者の国籍は米国が57.6%で過半数を占め、欧州が15.0%、日本が8.8%、中国が1.4%などと続く。

   
raku-seoul 奈良リロケーション―