HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国旅行 コネスト
FACEBOOK
 
 
投資情報  
 
タイトル 外国人所有地の面積、11年で6.8倍に 登録日 2009-10-07
照会 1914
Files

 

 

  江原道内の土地について、道外居住者はもちろん、外国人も多数買収に乗り出していることが分かった。国土海洋部の国政監査資料によると、今年6月末現在、外国人による江原道内の土地取得申告件数は、土地市場が申告制に変わった1998年に比べ、およそ8.5倍(217件から1856件)増えたという。保有面積は6.8倍(288万1000平方メートルから1971万9000平方メートル)増加した。これは、済州道に次いで2番目に高い増加率だ。

 

 外国人の土地取引件数と所有面積も増えている。政府の不動産総合ポータルサイト「オンナラ」によると、昨年1月から11月まで、道内の土地取引は12万8506区画だった。このうち道外居住者が購入した土地は6万9931区画で54.4%を占めた。2005年から4年連続で、道内の土地取引で道外居住者の割合が50%以上を維持していることになる。春川-ソウルを結ぶ京春高速道路の開通や平昌冬季オリンピック誘致への期待など、開発や発展の可能性に対する期待感が影響を与えているとみられる。

   
raku-seoul 奈良リロケーション―