HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国旅行 コネスト
FACEBOOK
 
 
投資情報  
 
タイトル 低所得層向けの住宅供給 政府が6年前倒しへ 登録日 2009-08-28
照会 1820
Files

 

政府は、開発が制限されているグリーンベルト地域を開発し、首都圏で低所得層32万世帯に住宅を供給する事業を、6年前倒しして2012年までに完了させることにしました。
 

この事業は、低所得層の住宅購入を支援するため、グリーンベルト地域を開発し、住宅を相場の50~70%の値段で供給するというもので、当初は2018年までに完了させる計画でした。
 

政府は、また、新都市などで毎年5万戸を、ソウル都心の再開発や再建築事業によって毎年2万戸の住宅を低所得層に供給するとしています。
 

 

 

これによって、首都圏で2012年までに低所得層向けに供給される住宅は60万世帯戸になります。

これに関連し、李明博大統領は27日に開かれた非常経済対策会議で、「住宅の供給事業は、マイホームを夢見る低所得層の住宅購入を支援する政策であると同時に、多くの雇用を創出する景気浮揚対策でもある」として、事業の前倒しを決めた理由を説明しました。
 

李明博大統領はまた、「首都圏に建設される低所得層向けの住宅は、すでにグリーンベルトとしての機能を失っている保全価値の低い地域に建てられるもので、自然を損なうという誤解を招かないよう努め、グリーンベルトの機能を保全すべきところは管理と復元を一層強化すべきだ」と強調しました。

   
raku-seoul 奈良リロケーション―