HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国旅行 コネスト
FACEBOOK
 
 
投資情報  
 
タイトル ソウル土地価格、世界経済危機で10年ぶり下落 登録日 2009-05-28
照会 2072
Files
政府の各種規制にもかかわらず上昇が続いていたソウルの土地価格が、昨年の経済危機の影響で上昇に歯止めがかかった。通貨危機以来10年ぶりの下落となった。  ソウル市は27日、ことし1月1日基準の市内92万8839筆地の個別公示地価を決定、公示した。それによると、ソウルの個別公示地価は昨年に比べ平均2.1%下落した。土地価格が上昇した地域は全体の14.1%にあたる13万1244筆地にすぎず、12万8005筆地は横ばい、62万8464筆地は下落した。  ソウルの土地価格は通貨危機だった1998年にマイナス0.3%、1999年にマイナス10.4%を記録したが、その後は上昇が続いていた。特に2004年が16.6%、2005年が11.6%、2006年が19.3%、2007年が15.6%、2008年が12.3%と、上昇率は年10%を超えていた。ことし下落に転じたのは、世界的な金融危機による経済難の影響だと分析される。  区ごとにみると、瑞草区がマイナス3.9%で最も下落幅が大きかった。同区と江南区(マイナス3.2%)、松坡区(マイナス3.0%)、江東区(マイナス3.3%)の江南4区の下落幅は、ソウル平均を大きく上回った。
   
raku-seoul 奈良リロケーション―