HOME CONTACT US SITEMAP
?????????
会社概要
物件検索
当社のサービス
アパート別詳細情報
家具ショッピングモール
よくあるご質問
コミュニティー
 
 
アパートBLOG
ワンルームBLOG
短期レジデンス
家具・家電レンタル
よくある質問
韓国旅行 コネスト
FACEBOOK
 
 
投資情報  
 
タイトル モルガン・スタンレー、外国人の韓国株買い増し予測 登録日 2009-02-06
照会 3337
Files
米証券大手モルガン・スタンレーは最近発表したリポートで、韓国株式市場における外国人投資家の買い越し傾向が当分続くと予想した。  同社は「周辺国家に比べ、韓国は値ごろ感で劣るが、外国人投資家は依然として韓国株を買うだろう」と指摘した。  昨年、韓国株式市場で約34兆6000億ウォン(約2兆3000億円)の売り越しを記録した外国人投資家は、今年1月だけで7700億ウォン(約510億円)の買い越しに転じた。これに対し、1月の国内の機関投資家と個人投資家は対照的にそれぞれ4470億ウォン(約300億円)、9230億ウォン(約610億円)の売り越しを記録した。  モルガン・スタンレーは、当面外国人の買い越しが続く根拠として、外国人投資家は年末までにウォンが上昇するとみており、それに伴う為替差益を狙っている点を挙げた。また、海外の投資ファンドの韓国株に対する投資比率が依然低い点も一因として指摘した。  しかし、過去4年間は1月に投資ファンドに巨額の資金が流入していたが、今年1月は韓国の株式型ファンドから約1兆ウォン(約665億円)の資金が流出した。同じ期間に海外ファンドでは資金流出入に大きな変化はなく、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)、債券型ファンドにはそれぞれ18兆5000億ウォン(約1兆2300億円)、3兆ウォン(約2000億円)の資金が流入した。  モルガン・スタンレーは、韓国銀行の攻撃的な利下げと韓国政府による短期信用市場に対する保証などにより、韓国の信用市場はある程度回復を見せていると判断した。しかし、企業業績が下方修正されるとみられる上、信用市場にまだ不安定な側面があるため、韓国株に対する投資スタンスをこれまでの「中立」に据え置いた。
   
raku-seoul 奈良リロケーション―